診療スケジュール

ひかり歯科医院の考え方

子供の将来を真剣に考えている
0歳からの小児歯科

生まれたばかりの赤ちゃんは母乳やミルクで栄養を摂る時からお口を使い始めます。正しいお口の使い方を身につけてもらうために、当院では0歳からの口腔育成を行っております。出産して間もない時期だからこそ、ご家族の方に知っておいて頂きたいことがたくさんあります。
そしてお子さまが大きくなるにつれて、むし歯や歯周病といった病気の危険が必ず訪れます。
こうした病気の第一の予防策は正しい骨格の成長と歯並びです。病気にならない土台作りができれば歯を長持ちさせ、健康的な人生を送ることができると考えます。

子供の歯並びが気になる
ひかり歯科医院の小児矯正

当院で行っている小児矯正はRAMPAセラピーといって従来の矯正方法とは全く異なる治療方法です。歯並びが気になってご来院頂く方の中にいびき、無呼吸症、喘息、気道からおこる炎症性疾患などを持つお子さまがいます。こうした呼吸器系の疾患は骨格的な成長不足が原因となっており、その1つの結果として不正咬合が引き起こることがわかっています。つまり、骨格の正しい成長が歯並びをきれいにするという考え方なのです。この観点から、三谷寧先生(東大和市ひかり歯科医院の院長)によって開発された顎顔面口腔育成治療がRAMPAセラピーです。歯の土台となっている顎の骨の歪み(下方向への回転と歪み)を改善させ正しい骨格へと誘導しながら歯並びを改善させていきます。お子さまの歯並びでお悩みの方はお子さまの呼吸している様子をしっかり観察してみてください。

RAMPAセラピーについてもっと詳しく見る▶

予防方法を知りたい
削らない・抜かないための予防

一般的な歯科治療はまず悪いところを削り、その部分に詰めたり被せたりするあるいは抜いてしまうというイメージをお持ちではありませんか?こうした対症療法はもう古い考え方になりました。なぜ削らないといけなかったのか?という原因の分析が大切な予防の考え方です。そして削らない、抜かないための正しい予防法をご提案致します。

痛い治療はイヤだ。麻酔が嫌いだ
痛みを抑えた治療

年齢を問わず、いざ歯科治療となると痛みを伴うイメージは避けられないと思います。しかし時間をかけてじっくり取り組むことでほとんど無痛に近い治療が可能です。特に麻酔が苦手な方は一度ご相談ください。

歯が抜けてしまったら
健康はまず食事から

一生自分の歯で食事ができることは最高に幸せなことです。
それは健康を維持し続ける秘訣のひとつでもあります。しかし残念ながら歯を失ってしまうこともあります。 ただ抜けたところに歯を補えばいいわけではありません。まずはなぜ歯が抜けてしまう事態になったかを知ることが大切なのです。一度ご相談いただき、ご一緒に考えてみましょう。

ひかり歯科医院 〒300-2358 茨城県つくばみらい市陽光台二丁目19番地22-19-2 YOKODAI, TSUKUBAMIRAI-SHI, IBARAKI 300-2358 JAPANTEL:(+81)297-44-5800診療科目 歯科一般 / 小児歯科 / 小児矯正 / 予防歯科 / 歯科口腔外科 / フェイシャルオーソトロピクス / 顎顔面口腔育成治療
ひかり歯科医院 〒300-2358 茨城県つくばみらい市陽光台二丁目19番地22-19-2 YOKODAI, TSUKUBAMIRAI-SHI, IBARAKI 300-2358 JAPANTEL:(+81)297-44-5800診療科目 歯科一般 / 小児歯科 / 小児矯正 / 予防歯科 / 歯科口腔外科 / フェイシャルオーソトロピクス / 顎顔面口腔育成治療