舌小帯、上唇小帯について

  • 舌小帯、上唇小帯とは
  • なぜ検診で指摘されるのか
  • 一般的な対応の仕方
  • 検討すべきこと

【舌小帯、上唇小帯とは】

まずは舌小帯、上唇小帯とは何か、です。
実際の画像などは調べていただければわかると思いますが、舌小帯とはベロの下にあるヒダのことです。
そして上唇小帯とは上唇の裏側(上の前歯の歯茎と唇のくっついている境目あたり)のヒダのことです。
それらがなぜ問題になるのでしょうか?

 これらの小帯については、乳幼児検診、または就学前検診、学校検診などで指摘されたことがある、という方もいるかもしれません。舌小帯自体は人間の組織的構造(器官)のひとつですから、もともと備わっているものと考えればそれ自体は何ら問題になることはないのです。でも検診で指摘されるくらいですから、それが何か問題になるだろう、ということも想定され、ちょっと不安に感じるのも分かります。

【なぜ検診で指摘されるのか】

 そもそも舌小帯や上唇小帯とは、お腹の中にいる間に作られる人体器官の中で組織同士の形成過程の中で発生するものです。つまり、言ってしまえば必要な組織だったものということも言えます。
 それが検診で指摘されるには理由があります。それは、舌小帯の場合、代表的なものとしては「舌の使い方」、つまり嚥下(飲み込み)や発音に影響が出てしまうからと言われています。また、上唇小帯は前歯のすぐそばに存在するため、上の前歯の歯磨きに磨きにくさを与えるため歯磨きのしやすさに影響すると言われます。そうした理由から、最近では特に慎重にチェックされ、指摘されることが多くなってきました。

 もちろんこれらは、特に成長期の子どもにとってはこれから身体が作られる過程において、好ましくない身体への影響があればそもそも良くないことというのは想像に難くありません。
 こうした指摘というのは、歯科が歯のことだけが専門ではないからこそチェックしなければならないところだからこそなのです。歯科は、口腔、つまりお口の形、お口の使い方、お口の成り立ちに関係する器官全てが対象です。それこそ小児歯科という分野は成長という分野までも担わなければなりませんから、虫歯の修復を主とする「技術屋」としての歯科よりも、お口に関しては「何でも屋」としての歯科という括りの方が合っているかもしれません。

【一般的な対応の仕方】

 では、検診などで指摘された場合、「じゃあどうしたらいいの?」と質問しても的確な答えは難しいかもしれません。なぜなら、「人による」または「小帯の状態による」ことがほとんどだからです。場合によっては簡単に「切除すればいい」と一言で済んでしまう場合もあります。しかし「切る」となるとちょっとドキッとしてしまうのではと思うのです。
 ひとまずは舌小帯の場合は「舌の機能」、または上唇小帯の場合は「歯磨きの仕方」、にそれぞれ問題が起こりそうだからなのか、ということをイメージしていただければと思います。

 そうした問題が指摘された場合に実際どう対応したらいいのか、ということですが、まず大きく分けて、次の二つに分けられます。

①筋機能訓練
②外科的処置

①一般的には、筋機能訓練という舌や唇の筋トレのようなものがオススメされることが多いです。ただ、そのやり方は奥深く、そのトレーニングのために診査が必要で、内容も細かく分けられています。もちろん、個人個人で程度に差がありますし、状態の深刻度も変わってきます。(参考:MFT.筋機能訓練療法

②舌小帯切除術、または上唇小帯切除術、という施術を行います。これらは麻酔をしてレーザーで必要な組織を切除することで形態修正、形成する外科手術になります。外科手術というと大げさかもしれませんが、多少出血を伴うものでありながら、外来で15分程度で完了する施術です。どちらかというと麻酔の準備のための時間を要する割合の方が多いくらいです。

【検討すべきこと】
 大切なことは、小帯が短かったり強直しているからと言ってそれが問題になるかどうかです。問題になるようであればある程度訓練することによって標準的なお口の機能が是正されることを目指すべきだと思いますし、しゃべり方や歯磨きが気にならないなど、まずそれらが問題にならないようであれば担当医とよく相談のうえ成長とともに経過観察していくということもありだと思います。
 子どもの成長には、身体の成長とともに機能的に環境適応していくという能力が備わっています。つまり、気になるような問題が表面化するかどうか、というのは、構造的な問題が子どもの成長とともに適応化してくれるかどうかにかかっているのです。

 難しい表現になりましたが、少し砕いて具体的に言うと、小帯が短い子でもそのままの形で発音や嚥下に問題なく成長する場合があるのです。それが適応化ということになります。

 たとえば、舌小帯が短いと指摘され、「舌小帯強直症」があるため切除した方がいいですよ、と説明された場合、すぐに舌小帯への処置が必要でしょうか?
 ここでも大切なことは、結果として舌小帯への処置が必要でない場合もあるということです。きちんと状態の診査をし、成長とともにどう変化しているかの経時的変化を観察し、機能的問題があるかどうかを判断したうえで、最終的にどうすべきかを議論していくことが大切なのです。

【大切なこと:構造に問題が起こる背景を知る】

 以上のように、舌小帯や上唇小帯に問題がある場合は、それぞれ対応の仕方としては一般的な考え方があります。しかしながら、そうした問題自体には、「成長」に対して問題のタネ(原因)があるというのも事実なのです。
 たとえば、舌小帯であれば、舌が付着、隣接している体の組織には下あごが存在しています。この下あごの成長による形態変化によって舌の存在位置が変わってくるのです。(これについては下あごの骨と舌の骨(舌骨と呼ばれるもの)、それと舌そのものの構造関係を説明しなければならないので省略します、すみません。)また、上唇小帯の場合も、上あごの成長の仕方によって変わります。上あごが”前に”成長している場合、唇と歯茎の距離が離れていくため小帯が気にならない程度になりますが、あごが”下に”成長している場合は、唇との距離がそこまで大きく離れないかむしろ膠着してしまうため小帯強直という状態になります。

上あごの発育の仕方の一例、右側が下に発育する場合 上唇小帯も影響を受ける

 こうした問題のタネ(原因)に対して、将来の問題意識がイメージできるようであれば小帯切除術という対症療法がありますから、そうした処置を検討したらいいと思います。
 一方で、将来的な問題を把握しながらも適応化の可能性を期待するかどうか、主治医との相談で想像できるようであれば、そのままの成長を待つということもありでしょう。
 もし、成長期に起こり得る「適応化」を期待したいのと、切除なんていうのも不安で我が子にさせたくないということであれば筋機能訓練などのトレーニングを行うことで、あわてずに少しでも何か身体に変化があることを期待してもよいでしょう。ただし、これらで本当に大切なのは、治療方針を選択するには明確な診査診断とその根拠を明らかにしておくことです。その上で、経過観察とするのか、筋トレにするのか、切除術するのか、を選択すると良いでしょう。

【まとめ】

・舌小帯、上唇小帯は構造的問題ではあるが機能的問題が原因でもあり結果でもある

・問題として考えるかどうかは因果関係と将来的予測がイメージできるかどうか、保護者がどう考えるかが大切

・答えに正解はないので、検診で指摘されてもまずはどうするか、どうしたいのか、人それぞれ個別の事情があるのでまずは相談

<参考>